月別アーカイブ: 8月, 2017

セブンの宇治抹茶氷~お値段もいいけど内容も濃ゆい!

宇治抹茶アイス01

SNSがきっかけで消費行動に移ることが圧倒的に多くなってきた昨今。昨晩寝る前にスマホをいじってたらフェイスブックのタイムラインにセブンイレブンの新作かき氷の写真がフェイスブックで流れてきました。

セブンのかき氷といえば先日も記事に上げたばかり。そう何度もかき氷ばかり食べられないよね~と無視しようと思ったのに気づいたら記事をタップしていました。これがまた美味しそうに写真が撮ってあるんです。実はおとといくらいにセブンで実物を見かけたのですが、これまでの100円台かき氷シリーズとは違ってお値段が348円(!)とずば抜けて高いのでこの時は一瞥をくれたのち、何事もなかったかのようにスルーしたのでした。

でも、就寝前の私の脳みそにその抹茶かき氷の画像はしっかりインプットされていたのですなぁ。翌日の午前中には買いに走っていました。恐るべし、潜在意識!やっぱり寝る前に暗記物を勉強したり、前向きなアファメーションをするといいといいというのは本当なのかもしれません。思いっきり行動が操られています。

さて、この宇治抹茶氷。お値段もいいけれどその分内容も濃ゆいです。

ふたを開けると抹茶アイス、あずき、練乳、抹茶わらび餅、白玉だんごの姿が確認できます。充実したトッピング陣。

宇治抹茶アイス02

スプーンを入れると練乳があずきや抹茶味の氷に絡んできてウマウマ。この抹茶氷下に更にまだ仕掛けがありまして、かき氷のところどころに黒みつソースが仕込まれています。あとすべてが抹茶色に染まっててよくわからないのですがきなこの味もする!宇治金時好きとしては入っててほしいトッピング要素が全部入っているのが実にうれしいです。

宇治抹茶アイス03

最初348円は高いと思ったけどこの内容ならば不満がありません。すごいなセブンイレブン…企画、製造、マーケティング、宣伝どれをとってもさすが大企業、プロフェッショナルだと唸らされてしまいました。

さーて、美味しいものを食べて元気をもらったので午後からは医療中国語通訳の勉強頑張るぞ~~(難しすぎて早くも挫折しそう。あ、これもブログのネタになる!)

セブンイレブンのかき氷

埜庵

 

雨ばかり続いて8月らしくない陽気の関東地方でしたが、先週末からじわじわと暑さが回復してまいりました。そんな時にはやはりかき氷が食べたくなります。天然かき氷も人気みたいですね。でもどこもすごい行列、しかもお値段も高い。で、今回チョイスしたのはセブンイレブンの「ロイヤルティーラテ氷」。

ロイヤルティーラテ氷

セブンは今夏、スイーツかき氷シリーズを展開しています。食感はどれもサクサク柔らかという感じで従来のかき氷のイメージを覆してくれます。昨今流行りの台湾かき氷とかを意識しているんですかね。アイスクリームと氷を混ぜて薄く削っているんでしょうか、舌触りは滑かなんだけど、氷のシャリシャリ感もすこーし感じます。

今回のロイヤルティーラテ氷、まず商品ネーミングが気になります。なんで素直に「ロイヤルミルクティー氷」にしなかったんだろう…

ふたを開けるとこんな風。真ん中はバニラアイスで回りがミルクティー味氷。なんか昔よく売ってたコーヒーフロート氷みたい。

かき氷中身

お味の方ですが、かなり甘いです!特に上にかかっているトロ~としている茶色いミルクティーソースが激甘。この下にサクサクの氷があるので混ぜながら食べるといい感じです。このソース部分が甘いのでバニラアイスの役割がなんだかぼやけてしまっている感じが否めません。わが家の中2男子には好評でしたが、私はやや厳しめで星3つかな。。(5段階評価)

セブンの氷シリーズ、これまでもいちご練乳、抹茶練乳、チョコミント氷、ティラミス氷などを食しました。一番おいしかったのは実は一番ベタないちご練乳。いつまでもいちごと練乳の味が薄まらない感じが秀逸です。抹茶練乳は抹茶が苦すぎて私はだめでした。思わず自宅に合った練乳チューブで追い練乳してしまったほど。。抹茶好きには甘すぎなくてちょうどいいかもしれません。

新鮮だったのは何といってもチョコミント氷。チョコミントのアイスは時々食べるけれどチョコミントの氷って…?という疑問を解決すべく、購入。食べてみるとサクサクとしたやわらかい食感が実によい!そして練乳もいい感じに絡んできてよくぞここまでバランスを追求したもんだとちょっと感動しました。(チョコミントのくせに何故練乳?という声も聞こえてきそうですが、この練乳が実に良い仕事をしてくれていました)

チョコミント氷に関しては「もう一度食べたいな」と思ったのですが、一旦妙に涼しくなった時を境に近隣のセブンでは見かけなくなってしまいました。また売ってほしい商品です。

 

セブンのかき氷シリーズ、いろんな人が書いています。こちらの方のブログがとても詳しいです。

セブンイレブン2017夏の新作かき氷の口コミや値段は?美味しいのはどれ?

 

【Let’s Try !!】メルカリデビューしました

黄色い花

 

やるぞやるぞと言いつつ、やっていないことのオンパレードですが、そのひとつがメルカリ出品。本日とうとうデビューしました。

売るのも買うのもヤフオクやAmazonのマーケットプレイスなどに比べるとずっと楽だとは聞いてはいたけれど、それでもなんだか初めてのことってハードルが高い。

それから出品を躊躇してきた理由はほかにもあります。よくテレビ番組やネットの記事で「お家の中の不用品を売ろう!」というテーマで特集が組まれていることってありますよね。そういうのってみんなに興味を持ってもらいたいからか、ブランド物のバッグとか洋服、家電などを売って「○○○○○円になりました〜」みたいな感じになってますが、わが家にそんな金目な不用品はありません(断言)こういう事情も積極的にチャレンジできなかった理由の一つ。案外こういう人は多いのではないかな?

しかし、この数日夏バテ気味と称してだらだら過ごしている自分にいい加減嫌気がさしてきたし、さぁ何かすぐに出来ることはないか??と頭を巡らしていた時ふーっと意識に上ってきたのがメルカリ。実は先月出品しようと思って写真まで撮ったのに実行に移していなかったのです。

記念すべき最初の売り物は去年買ったダンガリーのガウチョパンツ。デザインも色も風合いも全て気に入っていたのですが、ウエストサイズが表示よりも大き過ぎてベルトをしても何だかブカブカで満足に着こなせていませんでした。ノーブランドの中古品なんて買う人いるのか?と半信半疑でしたが…

なんと出品して数時間後に買い手がつきました‼︎

買い手の方から「よろしくお願いいたします」の取引メッセージが届いたので早速こちらからも「今から発送準備に入りまーす」とお返事したのはよかったのですが、ここからなんと早速問題が発生。

私が選択した配送方法は送る側受け取る側も匿名で発送できるメルカリ便。メルカリ便にはヤマト運輸を利用する「らくらくメルカリ便」と、郵便局のシステムを利用する「ゆうゆうメルカリ便」の2種類があります。私は最寄りのコンビニのLAWSONから送れるというので「ゆうゆうメルカリ便」を選んだのですが、なんとシステムトラブルでLAWSONから送れないことが判明。オーマイガー!

郵便局からなら送れるというけどわが家から最寄りでメルカリ便の取り扱いがある郵便局は徒歩15分はかかります。この炎天下にメルカリ発送のためだけに町のはずれにある郵便局に行くのはさすがに勘弁してほしい。周辺市町村の郵便局も検索してみたけれど、取り扱いがある大きな局はどういうわけだかみんな不便なところにあります。

いきなりつまずいてしまって配送方法を変更しようか迷いましたが、ちょうど午後から5駅先のビックカメラまで行く用事ができたので藤沢駅周辺にメルカリ便取り扱いがある郵便局がないか検索したところ、駅から250メートルほどのところに発見。先ほどなんとか無事発送をしてきました。あとは商品がきちんと買って下さった方の手元に届くことを祈るのみです。

わが家には金目なものはホントにないけれど、使っていないものはあります。Amazonで買ったはいいけどサイズが合わなかったランニングポーチとかもあるので明日はそれも出品してみようかなぁ?

 

 

中国語~難しいといわれる発音とのつきあい方

中国語発音本

 

今日は自分の専門である中国語の発音の学び方について少し書こうと思います。

中国語は発音が難しい?

うん、確かに難しく感じます。母音も子音も日本語より種類が多い上に、「声調」という音の高低ももれなくセットでついてきます。あとよく聞かれるのが「巻き舌」が難しいという声。

しかし、実は日本人にとって中国語の発音のほうが英語の発音を勉強するよりはよほど楽ではないかと私は思っています。

英語よりは楽だと思う理由

実際、母音や子音の数が日本語より多いと言っても英語のそれよりは少ないです。(これについては後日またくわしく書きます)

音の周波数も英語より中国語のほうが日本語に近いです。この三者の中で一番高いのが英語で2000~12000ヘルツ、次が中国語200~3000ヘルツ、そして最も低いのが日本語で100~1500ヘルツといわれています。普段日本語の世界で生きている私たちの耳は低い周波数に慣れているのであまりにかけ離れた高周波数はうまく聞き取ることができません。中国語とは周波数がかぶっている範囲があるので少し時間をかけてあげればいわゆる「中国語耳」ができ、リスニングの成果が出やすいのです。

あと中国語は英語のような語尾の子音と語頭の母音がつながるといった「リエゾン」がきわめて限定的で、一つ一つの音の塊がとてもはっきりしているのも学びやすいところです。

なので「英語より中国語のほうが発音が難しい」と思っている方がいたらそれは半分くらいは幻想です!単に「馴染みがない」だけです。

馴染みがないといえば「声調」(四声)も確かになじみがない概念です。それでも多くの日本人が学ぶ中国語の標準語であれば4パターンのみです。(もう一つ「軽声」というのもありますが、四声が基本となります)

これが広東語とか福建語だと7パターンくらいあってもう何が何だかわからない世界です。タイ語やベトナム語なども声調がある言語で、種類は確か4パターン以上あり、それが外国人による学習を阻む大きな壁となっていると聞いています。なので「たかだか4種類程度の音の高さだ」と割り切って果敢にチャレンジしていただきたいと思います。(強引?)

まとめ

・中国語の子音や母音の種類は英語よりは少ない

・中国語と日本語の周波数は被っている範囲がある

・声調は4つマスターすればいい

・英語みたいにやたら前後の音とつながったり消えたりしないから安心してほしい

オンライン中国語医療通訳講座の受講が始まりました

20170817曇り空と海

本日も曇天な湘南すみっこ地域です。プロフィールにも書いてありますが、今週からオンライン中国語医療通訳講座の学びが始まりました。

数年前から医療通訳には興味がありましたが、こういう講座は大抵都内で開催されます。なんせ湘南の「すみっこ」に住んでいますので都心に出るには電車で片道1時間半はかかります。行くのはいいけど40代半ばを過ぎた今、帰りの電車がツライ。。。

実は一年ほど前に一度日本在住の中国人向けの無料の医療通訳講座に潜入したことがありましたが、内容は日本の医療制度と病院内のマナーがメインで医療通訳の詳細についてはあんまり情報が得られませんでした。

そんな中、たまたま友人の紹介でこのオンライン講座を知りました。講師の佐藤あゆみさんはご自身も絶賛子育て中の方です。だけどものすごーーーい勉強家!

「中国語の武器にしたいという人、地方にいるからと諦めている人たちを応援したいの力になりたい」という言葉に背中を押されて受講を決めました。

そして教材として届いた本がこちら。

人体解剖図書影

「ぜんぶわかる」って…(絶句)小さいころから百科事典の人体とか分野が好きでしたが、ここまで細かい図解だとめまいがしてきます。

それから単語集。こちらは厚労省の医療通訳ガイドラインの巻末のもの。日中英の3カ国語並記です。

心臓単語集

ま、でももうお金払っちゃったし、やるしかないです。

ちなみにこの講座終了後にテストがあり、あゆみさんから合格判定を頂けたら医療通訳エージェントへの紹介があるそうです。あ、でもここでもテストがあるので現場デビューできるまでの道のりは相当険しそうです。

できることはコツコツ与えられた課題をこなす事のみ。来週の通訳演習までに動画視聴をあと6つこなします!

ブラティスラヴァ世界絵本原画展に行ってきました

ブラティスラヴァ

 

昨日雨が降ったり止んだりの中、夫と中2男子の三人で平塚市立美術館へブラティスラヴァ世界絵本原画展を観に行ってきました。

中2男子がよくもまぁ親と一緒に美術館に…という気がする方もおいでかと思いますが、これは学校の夏休みの課題に「美術館または博物館に行ってレポートを書く」というのがあるからです。

ブラティスラヴァ世界絵本絵画展とは?

スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで2年ごとに開催される絵本絵画展だそうで、あの東西冷戦のさなか、絵本芸術を通じて各国文化の架け橋となるべく、1965年に創設されました。のちに世界最大規模の絵本絵画コンクールとして知られていきます。2015年には第25回・50周年を迎えました。

スーホ2

会場にはこの絵本絵画展に出品された日本の絵本画家の作品がずらり。なかでも最初のほうに展示されているのは小学校の国語の教科書にも登場した赤羽末吉さんの「スーホの白い馬」の原画は大変目を惹きました。あの絵は日本画なんですね。ホントにきれい。

最初の写真の猫の絵はミロコマチコさんの《オレときいろ》という作品で2015年に金のりんご賞を受賞されていて、今回の展示会のポスターにもなっています。

会場は夏休みだし、絵本の絵画展ということで親子連れが目立ちます。それと展示してある原画の絵本も陳列してあって、絵本の方は誰でも自由に手に取って読むことができるのもよかったです。

すりすりとぱっぱ

絵本について思うこと

絵本といえば最近「えんとつ町のプペル」を出版したお笑い芸人キンコンの西野亮宏さんが何かと話題ですね。先日NHKのEテレの再放送で又吉さんがやっている「オイコノミア」という経済番組で西野さんが出演されていて、絵本市場の小ささについて触れていました。私も今回の絵画展を観ながらこんな圧倒的な画力を持ちながらこの作家さんたちはちゃんとご飯が食べられているんだろうか?なんて考えてしまいました。作家さんだけでなく、編集者や印刷業者など絵本が1冊できるためにはどれだけの人たちが関わっているのだろう?労働に見合う対価を皆が得られる社会にしていきたいなぁ。

実は小学生の頃、本が好きで童話作家を志していたことがありました。美しい絵に心を癒してもらった日々を振り返ると絵本の力って改めて偉大だと思います。この夏は思いもかけず、人生リセットの時となってしまったので図書館へ行って昔好きだった絵本を探してみようかと思います。心に残っている絵本はいわゆるベストセラーだけではないのですよね。地元の図書館になければ国会図書館に行かないと再会できないかもしれませんね。それはそれで楽しみでもあります!

もっと早く参加すればよかった~WordPressスタートアップ講座

20170814曇りの海とカモメ

昨日、都内で行われたものくろキャンプのWordPressスタートアップ講座に参加してきました。
結論から言うとタイトル通りで、「もっと早く参加すればよかった」の一言に尽きます。

講師のものくろさんとは3年くらい前から親指シフト講座でお世話になっていて、WordPressスタートアップ講座についても知ってはいたのですが、なぜか「私にはまだ早い」という思い込みがありました。

確固とした根拠もなかったのに、自分の中で「親指シフトをマスターしてから」とか「お金をちゃんと貯めてから」などの先延ばしにする言い訳がゴロゴロありました。

結局のところブログで情報発信を始めるのが怖かったんですね。発信したいと言いながら他人に見られるのが怖い、でも読んでくれる人がいなかったらもっと怖い。私のような人間が情報発信なんかするのではなかった!ブログなんかやって黒歴史をまた一つ増やしてしまった!と後悔するだろうと思うとお金を払ってまでもすることではないと行動にブレーキがかかってしまっていたのです。

実際申し込みを済ませてからも「今からキャンセルしたらいくらになるだろう?」とキャンセルポリシーを何度も確認したり、受講前に済ませねばならないレンタルサーバーの仮申し込みや動画の視聴、プロフィールの作成もギリギリまで追い詰められてなんとか終えました。持っていくノートPC(というか私の場合はタブレットタイプなんですが)もしばらく使っていなくて調子がいまいちで前日夜になってから夫に頼んで初期設定に直してもらったりとドタバタしてばかり。「本気でやる感じじゃないよねぇ?」ともう一人の私が詰め寄ってきます。

そんなこんなで当日朝は寝不足で講座に臨みました。WordPressの複雑な設定はもちろんのことですが、ビビりの私にとって一番の収穫はものくろさんに「カテゴリーとか最初に決めずに自由になんでも書いていい」と言ってもらったことです。

講座の中で実にさらっと言われた一言なんですが、人一倍心配性な私にとっては力強いメッセージとなりました。ものくろさんのおだやかだけれども淀みない語り口で言っていただくと「安心してどんどん書いていいんだ~」と自分の中でなにか一つ許可が下りた気がしました。

まずは100記事目指してどんどん書き出していこうと思います!