ここが違うよ!台湾華語 読み方編(1)「寂寞(さびしい)」の読み方

こんにちは。中国語発音講師のmidoriです。

小島温子さんが主宰している「やる気を育てる通訳学校」の【中検1級勉強会~Zoomを使ったオンライン勉強会~】での一コマ。

この勉強会で使っているテキストの例題の中に「寂寞(さびしい)」という単語がでてきて、私は何の気なしに「 jí mò 」と読んでしまいました。

仲間に「midoriさん、それ台湾の読み方」と指摘されて気づいたのですが、大陸では「 jì mò 」と読むのが標準だそうです。

辞書で調べると「寂」は確かに第4声「jì 」となっています。ああ、でも台湾の人はみんな第2声で読んでて「jì 」とは読んでない…( ̄▽ ̄)なんで台湾では第2声で広まってしまったのだろうか?

 

このように台湾と中国大陸では標準語でも読み方が異なるものが時々あります。

しかもややこしいのは必ずしも中国大陸の読み方が正しくて、台湾での読み方が間違っているというわけでもないという点。

言葉は時代や使われる地域によって変化するもの。音の変遷の背景が分かるものもいまいち不明なものもありますが、今後シリーズ化して私の知っている限りでご紹介していこうと思います。

 

 

この記事を書いた人

みどり

みどり

中国語発音矯正士 中国語学習サポーター 中国語通訳案内士

音読大好き。
台湾で16年間中国語を学びました。
語学教材CDの音声吹き込みのバイト経験あり。
湘南のすみっこのほうに住んでいます

詳しいプロフィールはこちら