【お役立ち情報】zoomで音源を共有する方法!

こんにちは。中国語発音講師のmidoriです。

zoomというオンライン会議ツールを使い始めてもうすぐ1年ほどになるかと思います。Skype同様、遠く離れた相手と顔を見ながらコミュニケーションができてとっても便利。でも、ずっと不便に思っていたことが一つありました。それは自分のPCで再生した音楽や音声がzoomの向こう側にいる相手にははっきりと聞こえないこと。

 

私は日常的に人様に中国語を教えているので、例えば「このネイティブスピーカーの音源聞いてみて」と音声を流しても、満足な音質レベルの音源を共有できない事が悩みのタネでした。いくら自分が発音講師をしてますよと言っても所詮はノンネイティブ。生徒さんにはやはりプロのネイティブ講師の音声を聴いて練習してほしいし、そうすべきだと思っています。特にディクテーションをする時はノンネイティブの自分が読み上げるよりはプロの音源を使いたいとずっと思ってきました。でもこれまではPCの音量を目一杯上げてみても不十分で、音質に至ってはひどすぎてお話にならないレベル。実際、私が受講生の立場の時にディクテーションをしてもらったことがあるのですが、講師のPCから流れる音源をPC内蔵マイクがうまく拾えず、講師の先生も申し訳なさそうでした。3月に日本人中国語講師で翻訳家の井田綾さんと始めた中国語音読サークル〈玲瓏りんろん〉でも、音読枠で参加してくださった中国留学&中国語アドバイザーじゅりさんが大好きな中国語の歌を紹介して下さるシーンがあったのですが、うまく音源の共有ができなくてリアルタイムでその曲のよさがシェアできず、結局あとで自分でYouTubeで聴いて確認するという二度手間が発生していました。

 

が、今日やっと解決方法がわかりました!意外と簡単、かつ余分な機材を購入する必要もありません。

 

まず、zoomの画面共有を開きます。

すると画面の左下に「コンピュータの音声を共有」というのがあるのでここのチェックボックスにチェックを入れて共有したい音声を画面共有で流すだけ。

画面共有チェック

 

どの程度よく聞こえるのか実験したくて、いつもzoom朝活でご一緒している祥雲工作室のサチさんにご協力いただきました。

実際やってみると、画面共有で流す音源はYouTubeなど最初からわざと音質を落としているものはやはりそれなりの音質になってしまいますが、それでもかなりはっきりきれいに聞こえます。語学CDをiTuneにダウンロードしたものや、私がブログで公開しているzoomで録音した音源(m4a)などは雑音なく、くっきりと聴こえます!これならずっと有料講座で取り入れたかったネイティブスピーカー音源によるディクテーションを自信をもって導入できます!

 

zoom活用中の方のお役に立てたら幸いです(^o^)

ここの文章を参考にしました。https://zoomy.info/direct_voice/