メールボックスの断捨離をする・裏技? 

毎日おびただしい数の新着メールの大部分が、読者登録したはいいけどほとんど読まないメルマガと通販サイトなどのお知らせメールだということにいらだちを覚えつつも放置し続けて幾歳月。この際思い切って読まないメールは解除してやろうと珍しくやる気を出して頑張ってみました。が、解除にとにかく手間がかかるというお話を前回書きました。

何が面倒かといえば、解除するのにメールアドレスだけ要求されるならまだしも、会員登録とかしてると一度わざわざログインしないと解除画面までたどり着けないこと。当然IDもパスワードも忘却の彼方なので「ID・パスワードをお忘れの方」をポチってIDをメールで送ってもらったり、パスワードをリセットするという恐ろしい手間をかけないといけません。リアル粗大ごみを処分するのにも自治体の回収日まで待たないといけなかったり、リサイクル料金を払わねばならなかったりというハードルがあるのと同様、情報の断捨離も一筋縄ではいきません。

こういうのが面倒で今まで放置してたんだよなぁ。断捨離の極意(?)の一つに「入るを制す」というのがあったかと思うのですが、まさにそのステップ。

しかし、生来の面倒くさがりやの私。この断捨離の教えにそむく「裏技」がひらめいてしまいました。。。

まぁ、とても簡単なことなんですが、それは「迷惑メール指定にしちゃうこと」です。手間も劇的に少ない。カーソルを対象となるメールにあわせて左クリックで「迷惑メールであると報告する」を選んでポチっとするだけ。

迷惑メール指定にすればそれらはすべて「迷惑メールフォルダ」に行ってしまうので通常の受信箱には入ってきません\(^o^)/おかげで今朝8:00の時点で通常の受信箱のメール受信数はゼロ。いつも最低でも20通は来ていたのに。

実は解除の手続きが面倒なだけでなく、解除するかどうか決心がつかないものの扱いにも非常に困っていました。毎回は見ないんだけど「たまに見ると役立つ情報が載っていたりするメルマガ」とかは結構そのままにしておくことが多かったんですね。あと、解除するときに「解除すると二度と登録はできません」といった警告文?チックな画面が表示されたりすると思わず解除を躊躇したり。冷静に考えれば同じメールアドレスでの登録は確かにはじかれるかもしれないけれど、別のアドレスで登録すれば済むってだけの話。「解除したら損するんじゃないか」という人間の心理をついたやり方に上手くはまっていたんですね。

私は迷惑メール指定って普段はあまり使うことはしません。これまでの私の中での迷惑メールの定義は「エロ・詐欺まがいのいかがわしいメール」だったのでそこまで深刻ではないものについて適用はしてこなかったのです。でも、実際にやってみたら手間は少ないのに効果は抜群!これまで解除したらもったいないかもと思っていたメールも「来なきゃ来ないで何の支障もない」ことに気づきます。これまで毎日どれだけ「これは読むべきどうか?」と選別に余計なエネルギーを使っていたのかと思うと馬鹿馬鹿しくなりました。

いや~~なんでもっと早く思いつかなったんだろう!

 

 

この記事を書いた人

みどり

みどり

中国語発音矯正士 中国語学習サポーター 中国語通訳案内士

音読大好き。
台湾で16年間中国語を学びました。
語学教材CDの音声吹き込みのバイト経験あり。
湘南のすみっこのほうに住んでいます

詳しいプロフィールはこちら